住宅の買い方

ローン30年 35年などという
生活設計はもう時代遅れのようです。

中古住宅を買ってリフォームしたり
子供が大きくなって巣立つまでの10年 15年の間だけ家を 時間借りする
そのあと小さな規模の家に引っ越すかマンションに移り住むか

そんな新しいムーブメント 考えが始まっています。

私の周りの住宅地でも、子供が出て行って 大きな家だけが残っている
5部屋6部屋の家に夫婦2人で 2部屋しか使っていない

ガラガラの家だらけです。
posted by jin at 14:40 | 住宅展示場

新しい住宅展示場

アイフルホームが新しい住宅展示場を発表

ただ家を見る人や買う人だけの住宅展示場ではなく、
昆虫の観察や庭の植物を使ったワークショップ、
絵本の読み聞かせプログラムなどを通して、四季の自然や生き物との触れ合いを親子で楽しむことができる、
家族や地域社会とのコミュニケーションをとれる
新しい住宅展示場です。
posted by jin at 09:35 | 住宅展示場

免震 耐震住宅

東京の真ん中で大地震の体験ができる、大和ハウス工業の「D−TEC PLAZA(ディーテックプラザ)」。建物の地震対策を学ぶ施設だ。中でも「免震ハウス」が興味深い。「免震」は、建物の本体と基礎との間にクッションを入れ、揺れを建物に伝わりにくくする工法。柱や耐力パネルなどで建物の骨組みを丈夫にして崩れないようにするのが「耐震」だ。
千代田区飯田橋3の13の1。JR水道橋駅西口から徒歩約5分、JR・地下鉄飯田橋駅から徒歩約7分。10〜17時30分。水曜・祝日休館。無料。予約制。(電)03・5214・5355。
・・・・・・・・・・・・・・今朝のニュースより
posted by jin at 09:54 | 住宅展示場

住宅展示場 ダイワハウス

住宅展示場の見かた ダイワハウスのサイトより

環境共生住宅建設実績NO.1。
2004年度(平成16年度)、2005年度(平成17年度) 建設実績総合1位
環境共生住宅とは、地球温暖化防止のために国土交通省が普及を推奨し、(財)建築環境・省エネルギ
ー機構により、環境に優しいと認定された住宅です。
ダイワハウスは平成15※・16・17年度で、「環境共生住宅」の建設実績総合1位を達成しました。
※システム供給型



民間初、世界最大の三次元震動破壊実験施設で実験。
2006年(平成18年) E-ディフェンス
世界最大の実大三次元震動破壊実験施設(通商:E-ディフェンス)において、民間企業では初めて、大規模な加震実験を行いました。
2棟の耐震および制震戸建て住宅を実験し、多くの性能値で業界一位の成果をえています
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ここまで
posted by jin at 10:25 | 住宅展示場

住宅展示場 エスバイエル

エスバイエルは 木にこだわります。

木は、CO2を吸収し炭素化合物として内部に固定化して成長します。これは「CO2の固定化」「炭酸同化」と呼ばれる作用で、大気中のCO2を削減し地球温暖化を防止する役割を果たしています。固定化されたCO2は木材になっても変わらず、燃焼しない限り大気中に再び放出されることはありません。木の住まいづくりをすすめることは、それ自体がひとつの環境対策と言うことができるのです
                ・・・・・・エスバイエルより
posted by jin at 09:16 | 住宅展示場

住宅展示場 パナホーム

パナホームは、プランニングにおいて、生活スタイルやご要望、建築地の周辺環境などにもきめ細やかに配慮しています。お客さまの夢やこだわりをトータルな視点で受け止め、それぞれのくらしにマッチした住宅性能表示の各項目の等級をご提案。特に5項目についてはトップランクに対応しています。また、デザインや間取り、使い勝手の良さなど、数値や等級では表しにくい部分も含めて総合的に快適で安心な家づくりをすすめています。
・・・・・・・・・・・・・・パナホーム宣伝より

posted by jin at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

住宅展示場 ヘーベルハウス

ロングライフ住宅ヘーベルハウスは、半世紀を越えて続く、新発想「ロングライフシェルター」の住まいです。耐久性、断熱性など8つの特長を持つ理想の建材ALCコンクリート・ヘーベルと柔軟な構造・頑強な部材からなる鉄骨躯体「ハイパーフレーム構造」、さらに強固な「鉄筋コンクリート連続布基礎」と次世代高性能断熱材「ネオマフォーム」を加え、高レベルの安心と快適をお届けします。

ヘーベルハウスは、梁勝ち構法に、優れたエネルギー吸収能力をもつHYPER X(ハイパークロス)
を併用するハイパーフレーム構造を採用。さらに、305モジュールの設計とさまざまな創空間
システムとの組み合わせにより、限りある敷地の有効活用が可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・へーベルハウスの宣伝より

posted by jin at 08:52 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

住宅展示場でピクニック

住宅展示場でピクニック

住宅は一生のうちで一番高い買い物といわれます。
その住宅を選ぶときに行くのが、まず住宅展示場です

外観の好み 大きさの選択 構造上の問題
自分たちのライフスタイルに合った住宅を選びたいものですね。

それには ゆっくり じっくり 探すことです。
住宅展示場には休憩室やイベント会場などもありますから
ピクニック気分でパンフレットもたくさんもらって
しっかり情報集めをしましょう
posted by jin at 08:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

住宅展示場 ツーバイフォー

ツーバイフォー工法は、木材断面が2インチ×4インチの建築材(枠材)を基本としている
北米の伝統工法で、正式には「枠組壁工法」と呼ばれています。
簡単に言えば、柱などで建物を支える木造軸組工法に対し、
ツーバイフォー工法は、枠材と合板等の面材を組み合わせた壁で建物を構成します。

米国の2×4工法(ツーバイフォーこうほう、two-by-four method)を日本で定義した名称である。1973年に制定された。「木造枠組壁構法」は『学術用語集 建築学編』に定められた名称である。工法としては、枠組壁工法(わくぐみかべこうほう)とも呼ばれる。一般には日本でも英語名によって広く2×4工法(ツーバイフォーこうほう)と呼び慣らわされることが多いが、まったく同じものを指すものではない。日米の対比の際には、米国の2×4工法はウッドフレーム工法(wood frame construction method)として、(米国の2×4工法に基礎を置く)日本の2×4工法である木造枠組壁構法と比較される。

主要な部分が、2インチ×4インチサイズをはじめとする規格品の構造用製材(ディメンションランバー)で構成されることから名付けられた。

posted by jin at 08:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。